読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タムケンブログ

コンテンツの未来について、好きなコンテンツについて、書き記します。

Wiiをみんなで楽しむための7つのTips

プロジェクター使ってWiiやってみたよ

プロジェクターが借りれる施設を使って、みんなでWiiをやってみました。そこで気づいたことがあるのでメモ。当たり前のことではありますが。

1:延長コード絶対必須

プロジェクターでWiiの画面をでかでかと写すときは、機材によるでしょがそれなりにスクリーンと距離とらないとしんどいです。そうするとプロジェクターは壁のスクリーンからどんどん離れるので、ちゃんと延長コード用意しないとコードぐちゃぐちゃで足引っ掛けます。当たり前だけど、忘れると結構痛いので。
ちなみにスクリーンにセンサー貼り付けなきゃってことも忘れるとたいへん。

2:コントローラ持ち寄り

Wiiのコントローラーは動きをいろいろ感知するBluetooth無線機なので、高いです。ひとつ3800円。ボクシングとかやるなら追加でヌンチャクも買わなければなりません。こちらが1800円。一人で揃えるのはなかなか大変です。
でも、大体二つくらいは持ってます。初心者用ソフト詰め合わせとセット販売がされてることもあり、大体2つくらいは持っているものです。二人持ち寄ればみんなでテニスで遊べますね。これで四人プレイがぐっと身近になります。

3:人揃うのばらばらのほうがいい⇒Mii作って暇つぶし

Wiiスポーツなど、自分のキャラとしてMii(Wiiで作れるアバター)を使えるソフトが多いですが、みんなのぶんを作るのは結構時間がかかります。でも逆にみんな集まるまでの暇つぶしにはこれほどすごいものはないです。
思うに、似顔絵チャンネルは遅刻してくる人のを勝手に作っちゃうとか。「作らなきゃ」よりも、「作っとくか」くらいのテンションで一番楽しめるソフトウェアです。

4:リモコンの感度調整をちゃんとやる

普段テレビでWiiしてる人がスクリーンでやる時は、設定の見直しをちゃんとしたほうがいいです。広い場所だとセンサーバーとリモコンの距離が離れがちなので、最初に感度調整しないとポインタがブレまくります。本体セットした人がささっとやってしまうとポイント高いです。

5:バーチャルコンソール入れておく

コントローラ無ければリモコンで遊べるファミコンソフトでよいので、なんかマリオでも入れとくと飽きたときいいかもです。身近度も上がるしね。あとカービィとか。

6:遊びながらデジカメで写真⇒最後にSDカード突っ込んでスライドショーで遊ぶと楽しい

Wiiの写真チャンネルを今日はじめてみたのですがクオリティがかなり高いです。画像に落書きしたり、パズルにして遊んだりもすごいのですが、何よりもスライドショーが良い。mp3と写真が入ったSDカードを入れてちょっと操作するだけで、音楽に合わせてかっこよく写真が入れ替わっていくかっこいい映像を流せます。
そこで、遊びながらカメラで写真とって、最後にスライドショーにしてみると、ああほんと楽しかったねーって気分になれます。みんなでテニスとかしてる絵は、スイングした時のブレとか含めて結構面白いですから。

7:公共施設使って格安であそぶ

今回は会場として学生団体御用達の通称オリセンを利用しました。学生だと20人入る部屋が4時間500円くらいで借りれます。プロジェクターとかスクリーンとかは無料で貸出。ネットが使えないのが玉にキズですが、すばらしいコストパフォーマンス。

公民館とか、公共施設系でこういう所ってたまにあります。大画面使ってみんなでWiiってやろうと思ってもなかなか大画面無くてできないけれど、この手使うとかなり楽に実現可能。
大学生とかなら大学の備品借りてやるのも一手ですが、色々と諸刃の剣っぽいのでやめたほうがいいでしょうね。

まとめ(になってない)

・Wiiはみんなでやってこそ楽しい
・でも小さい部屋じゃ危ないから、大きいとこ借りてスクリーンでやろうね
・それにしても限界効用が回数とともにすごい勢いで落ちていくタイプの娯楽な気がします
・楽しかったー。またやりたい。