読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タムケンブログ

コンテンツの未来について、好きなコンテンツについて、書き記します。

PCから見てもスタイリッシュなモブログが簡単に作れる「モグ」というサービス

人気のあるブログにはだいたい二種類くらいあると思う。

  • 小さなネタを一日に沢山更新するブログ(ネタフルとか)
  • 考え込まれたネタを一日に一回程度更新するブログ(極東ブログとか)

さて、普通の人にはこれはどちらも難しい。前者はネタ集め⇒写真撮る⇒写真取り込み⇒ブログ更新と工程が長く、画像加工などのPCの操作が早くないと厳しい。
後者は深い思考が必要で、時間があってもなかなか難しい。

そこで前者を実現する為にモブログ、という話になるところだが、普通にやったらあんまりかっこよくない。小さくて粗い画像が普通のブログの書式でちまちま載っててもイマイチ。携帯から見る分にはいいですけどね。


んで、このサービス
何はともあれ、これを見ていただきたい。
中洲産業大学&ほぼ日刊イトイ新聞 meets Switch! カレー部例会のモグログ


対して、同じネタに対するネタフルさんのエントリ。
ほぼ日刊イトイ新聞「カレー部例会」のまとめ


どちらもすごい実況感あって、更新をリアルタイムで追ってしまいました。ネタフルさんのエントリはいつもどおりの安定した面白さで安心してみていたのですが、モグログがとにかくかっこいい!!それにモグログは写メ送るだけで投稿できるから、記者の敷居が低いというか、若い世代の独特な感性もった人とかの参入がしやすいですからね。

写メ送るだけで実況ができる。日々の小さなネタをこれで溜めていくだけでもたぶん面白い。センスある日々を過ごしている人は、面倒な技術なしにそれを世に出せる。これはすごい。是非ともまずは黙ってやってみて頂きたい。


日々の小さな出来事をすぐにネタに出来ると思うと、日々の暮らしが新しい視点で見れて,
もっと充実した一日を過ごせるかもしれない。


まとめ。

PCブログ 普通のモブログ  モグ 
PC視点のデザイン
×
携帯視点のデザイン
更新の楽さ
×

こうやって、ギークのためのWeb2.0は、大衆のパーソナルメディアたるモバイルインターネットによって大衆のための革命になるんじゃないかと思う。まじで。

最後に、私のモグログをw